スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作ドレス☆

続きまして、新作ドレス作りました~

テーマは「お菓子の包み紙」(あとづけ笑)

なんかね、ブラック×ゴールド
でかっこいいやつが着てみたくてー。
前のもあきたし・・・。
(※2回しか着てません笑 あきるの早すぎだろっ

作っちゃえ


まずはBODYに布の切り替えラインをペタペタ
ここである程度のデザインが決まります☆
do.jpg

そして、トワールで美帆お得意の立体裁断
do2.jpg


パターン修正を繰り返し・・・

布を裁断、印をつける。


あとは縫うだけっ!
ミシンでダダダーっと

出来上がりはこんな感じ
do3.jpg


これからキラキラいっぱい付けようと思います
踊ってるときも幸せだけど、服作ってる時も幸せ

次はどんなの作ろうかな~
(って、この衣装まだ一回しか着てないでしょっ
キラキラ付けて、あと2・3回は頑張って着ようね。)

一個目は水着からのリメイク
二個目はレオタードをベースに製作
三個目・四個目は立体裁断
毎回クオリティーが高くなってきてるのょ
やっぱ、構造とか機能性とか。感覚的にわかってくるものなのねー
布の特長とか、その他の知識も増えてくるしねっ

やっぱ、何事もチャレンジする事が大事だ
スポンサーサイト

モダンシニアファッションショー

最近は、パーティーのお知らせや活動報告ばっかり・・・
久しぶりに自分のことっ!!(笑)
(もっと頻繁に色々と書きたいなぁと思うんだけど、なかなかねー)

美帆はファッションの中でも「ユニバーサルファッション」(インクルーシブファッション)っていうのをしてて。
12月11日(土)の「モダンシニアファッションショー」に参画しました。
これ、めっちゃ変わってて。
何が変わってるかっていうと、ステージを歩くモデルさんはお年寄りの方ばかり


ショーは2部構成になっていて。
1部では、何らかの身体障害を持った方(五体満足でない・手足を自由に動かせないなど)にとって機能的かつオシャレな服の提案・発表。
2部では、応募によって集まったシニアが自らのオシャレを発表。
今回は1部に関わったんだけど、人間とファッションの関係って面白い

老若男女 障害の有無に関係なくオシャレを楽しみたい人はいてるのね。
でも、着脱が難しかったり。サイズがなかったり、着心地に問題があったり。
既製服でカバー出来る部分と出来ない部分があるのねー。

しかも、いくら良い服でも着る人によってオシャレ度は変わるじゃない。
やっぱり、個人のスタイルやルックスファッションには相性があるし、姿勢(立ち姿・歩き方)によっても雰囲気って大分変わる。
その人の個性を探りながら機能性を付加していって、更にファッション性も・・・
難しくなってきたー

まぁとにかく、着用する人がHAPPYになれるファッションが生まれたらいいなって
ファッションショーが終わって「ありがとう!うれしー☆」って言ってもらえた時は
「美帆もうれしー!!ありがとうっ」って(笑)

いつも商店街を歩いているおじいちゃん・おばあちゃんが今日は主役
スポットライトを浴びて、リハーサルでは「はずかしいわ」って言ってたみんな。
めっちゃ楽しそうに生き生きとランウェイ歩いてるやんっ
すっごく幸せそうでした
なんかね、ダンスのデモとかに出演する人達と雰囲気一緒っ


時間もコストも手間も掛かって、すごく効率の悪い製作の方法かもしれないけど、彼らは今回の“服”をずっと大切にするだろうし、思い出の品にもなると思う。
それを手に取るたびにスポットライトを浴びてキラキラしてた主役の自分を思い出すでしょ
そういうのって大事と思うのね
ものづくりの技術と、アイデア。相手を思いやる気持ちが生み出す新しいものづくりの形がここにはあるような気がするっ
ユニバーサルファッションにしても、ダンスの衣装にしても、着用する人と共に創って行くんだっ

こんな感じでこれからも服づくりしていくので、
競技会・デモンストレーション・ダンスショーなどでオリジナルの衣装が必要な方は気軽に相談してください☆
もちろん、普段着でも


lovep_de_smile@yahoo.co.jp

モノトーンのラテンドレス

わたし、ダンス衣装作ったりします(笑)
お裁縫が好きだったりします
キラキラスワロフスキーが大好きで、ビーズアクセサリーなんかも自分で作っちゃいます

「作った衣装見せてー

かなーりの自己流ですが・・・
黒のショートヘアーな自分に合わせてモノトーンの衣装をデザインしてみたっ

トワール
まずはお試しでBODYに布をのせてみる。

仮縫い
パターンが出来てきたら実布で組み立てて・・・

ふりふり☆
フリフリ
動きをよりダイナミックに魅せるためにフリンジなんかつけてみちゃったり

キラキラ☆

キラキラ輝くスワロフスキーのラインストーンを貼り付けて完成
胸がぺったんこなのは、パットが入ってないからですねー(笑)

服づくりって面白くて。
デザインって自由でしょ
布選びも楽しいし、作っている間にまた新しいアイデアが湧いてきたりして
どんどん進化していくんだよね
間違っても、それが新しいアイデアに繋がったり
作れば作るほど自分の技術も向上していく

自分だけの、自分好みのダンス衣装
作ってる時も 着てる時もめちゃ幸せで、ず~っとワクワクドキドキ
次はどんなの作ろうかなー

なんてね

卒業制作日記①

学校では衣装の製作を始めましたよ~
テーマは「ダンスパーティー

デザイン画はこれ。
P1030505_convert_20100708230617.jpg
めっちゃラフな絵で分かりにくいけど、動くとふりふりワンピース
(モデルしてくれる女の子がとてもかわいいのです

ほんで、今日の作業ではこんな感じになりましたー
P1030503_convert_20100708230455.jpg
FRONT

P1030504_convert_20100708230538.jpg
SIDE・BACK

さてさて、どんな服ができるかなぁ
またちょこちょこアップしていこうと思います

ダンスファッション☆


ダンスのレッスンやパーティーに行く時、何を着ようかと困る時ってないですか?
みほは、いつも困ってました(笑)
一人で練習するならパジャマでもジャージでも何でもありやけど、やっぱ先生と踊る時は・・・
綺麗な服を着てたいけど開脚とかの激しい運動にも耐えられる服の方がいい?
動きやすくてもクルクル回ったらパンツが見えちゃうようなフレアの強いスカートは困る?
織物でゆとりのない服だと自由に動けなかったり?

やっぱ、ダンス用品店の服を着ていると安心ですね
踊ったときの体の動き、布の広がり方、ストレッチ性、全体のバランス。ちゃんと考えられてるなぁって感動します。
だけど、どうしてダンスファッションは“黒”が多いんだろう??
練習場に行くとみんな「まっくろくろ」です。
競技やデモ用のいわゆる“ダンス衣装”がキラキラピカピカのカラフルな服が多いから、その反動なんかなぁ。


でも、やっぱ黒ばっかり着るのは嫌やし色んな服着て楽しみたいと思う。
特に、不特定多数の人と会って共にダンスを楽しむパーティーではそれぞれの個性溢れる、とびっきりのオシャレを楽しむのも一つの魅力っ
「踊れる服」を意識してショッピングに出かけると素敵な(服との)出会いがあったりしますよ

学校では服飾を勉強しているみほ。卒業制作も兼ねて、踊れるオシャレ着を作ってみようと思います
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みほ

Author:みほ
☆2015.10月31日(土)●☆
20~40代向け
ダンスパーティー
19:00-22:00
料金:1500円
場所:上新庄DJ
大阪市東淀川区瑞光
1ー15ー14
※1ドリンク付

参加希望される方は下記までご連絡くださいませ。
dance.and.smile.osaka@gmail.com

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「DANCE&SMILE」
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。